私が見た中高生のスマホ依存

中高生のスマホの依存について思うこと

中高生のスマホの利用の場合、ゲームの検索や辞書のわからないものを調べるために使うことも多い。その他としては、辞書の機能に依存したり、電話で連絡するのに使用するためにライン電話を使用するために、リアルタイムのメール型でスタンプなどのアイテムを使用して会話ができるサイトの全ての機能に満足して、そこにある電話のメニューそのものを使う事で依存する事も多い。

 

 

また、中高生のスマホ事情は、スマホを売る販売店で買ったときにプロバイターを指定するが、そのメニューにある有料のアプリなどを契約して、有料であるがためにそのサービスに依存してしまうのである。
依存するというのは、中高生のスマホの事情の場合は、有料という契約そのものの「しばり」があるがために、「もったいない」と感じてしまうのである。その結果、そのアプリやメニューを使わざる得ないという思いになり、結局はスマホが手放せない依存に陥ってしまいがちだ。

 

中高生がスマホに依存に走るのは、部活で熱中してる依存状態と、趣味に走る依存状態に、好きな子がいて、友達がたくさんがいるという環境に準じる事もあるだろう。

 

そんな中高生のスマホの利用形態だが、親によっては携帯や時計を持たせることもある。今では、時計もスマホ化してるのである。
中高生を取り巻く環境において、なにかに固執することも大事な時期だが、使い過ぎは目を悪化させるなどのリスクも含まれるのである。

 

「親も親なら、子も子である。」という言葉があるが、親も携帯電話を使ってた若い時代があり、それらと同じ行動をすることも、同じ性格の場合は考えられるのである。「いぞん」という言葉は「固執」という言葉に置き換えることもできるのかもしれない。そんな固執することも、中高生のスマホの事情を考えれば「うまくつきあう」ということが、親と家族といい、いろんな生活につながるのはずである。中高生は何事も夢中になるから、スマホも夢中になると考えられるだろう。