我が家の中高生のスマホの依存度

我が家の中高生のスマホの依存度

我が家には、高校2年生の娘がいます。
勉強の成績は、あまりよくありませんが、運動部でキャプテンをしていて、部活に打ち込む普通の高校生だと認識しています。

 

少し前から、中高生のスマホ依存がテレビなどで話題になっていますが、我が家でも他人事ではないと思っています。
娘に初めてスマホを買い与えたのは、ほとんどの子供がスマホを買い替えた中学2年の時です。スマホを持ってる子はみんなでラインで会話をするようになり、娘はそこに入ることが出来ませんでした。
実際は、娘以外にもスマホを持っていない子はいたと思います。でも、絶対スマホが必要だと主張する娘の気持ちも、親としてわからないわけではありませんでした。そこで仕方なく娘だけスマホを購入しました。それからは、娘はスマホを手放せなくなってしまいました。これが、スマホ依存だと見せつけられた気がしました。

 

テレビなどでスマホ依存の相談をする親に対し、子供とスマホの使い方のルールを決めて、守らなければ取り上げるようにすると良いなんて言ってます。でも、そんな事、出来るわけありません。スマホは、常に友達と繋がっているアイテムなんです。今何をしているかというのが、友人から写真付きでリアルタイム送られてきます。それに、返事をしなければならないようです。

 

親にとっては、くだらない内容だと思うけど、子供達にとっては、重要な事です。それに、スマホには、部活や学校の重要な事も送られてきます。だから、取り上げる事は、子供の友人関係を壊す事であり、重要な連絡がわからなくなる事なんです。

 

子供によると、ラインにすぐに返信しない事は失礼な事だそうです。その後、娘が高校に入学が決まった時に、同じ高校に入学する人達でラインが出来たようなんです。
娘は、そこで毎日、顔のわからない人達と友達作りをしていました。その必死な感じは、私には理解出来ない事でした。

 

娘はスマホでゲームをすることはありませんが、毎日、好きなタレントの動画を見たり、ブログを見たりと飽きる事はありません。
ただ、娘は、スマホに依存してるとは思ってなく、普通の事だと認識しています。
中高生のスマホ依存は、親にとって永遠のテーマです。